ウエイトトレーニングNAVI - 器具の使い方から食事管理までTOP > メニューとやり方 > 効果的な方法C

効果的な方法C

 

前回に引き続き、ウエイトトレーニングの効果的な方法についてのご紹介です。

 

ウエイトトレーニングは、オールアウトが大切だと言われていますが、この「オールアウト」とは何かご存知ですか?

これは、連続して運動をするという事ですね。

 

筋力を限界まで使い切るということです。

 

限界まで動くことで、効率よく筋力がアップするということになるので、その後は疲労した筋肉に、一定期間の休みを与えることで超回復に繋がっていきます。

 

ウエイトトレーニングでは、休息というものも大切なんですよ。

 

トレーニングする前より筋力が上がる方法になるので、必ずこの休息を取り入れて下さい。

 

この超回復をトレーニングに組み込むことで、更に効果がアップしますよ。

 

ぜひ試してみて下さいね。

 

そして、ウエイトトレーニングでは重さと回数をチェックすることも大事ですよ。

 

例えば、初心者の場合では1回のセットとして15回、連続して上げられる重さを選ぶことがポイントです。

 

筋力が上がれば重さを増やしますが、最初は15回可能な重さで始めてみて下さい。

 

そうしないと、体を痛めてしまったり、最悪の場合はケガをしたりします。

 

そんな原因となってしまうので、回数には十分に注意しましょう。

 

※無理は禁物ですよ。

 

<順番について>
この順番は大切なことです。

 

好きな部位からスタートしても効率が良くないので、ちゃんと順番を守りましょう。

 

それは何故かと言うと、すぐに疲れてしまう部位があるからです。

 

よって、ウエイトトレーニングをするにはまず、大筋群から始めことがポイントです。

 

それには例えば、大胸筋があります。

 

あとは、広背筋や大腿四頭筋などからスタートすると良いですね。

 

次に、小筋群である上腕二頭筋や上腕三頭筋などを鍛えます。

 

この順番でウエイトトレーニングをすると、疲れにくいし効率が良いんですよ。

 

疲れにくいという事は、トレーニングの量も増やすことが出来るので、とても効率が良いと言えますね。

 

メニューとやり方記事一覧

メニューについて@

ウエイトトレーニングのメニューについて、効果的に筋力をつけるためのテクニックがあるという事をご存知ですか?いくつかの方法があるので、ご自分に合った方法をみつけて下さい。...

メニューについてA

前回に引き続き、こちらではウエイトトレーニングのメニューについてご紹介します。「パーシャルレップ法」というテクニックもあります。これも最後のセットで行うと良いですね...

効果的な方法@

あなたは普段、何か運動やトレーニングをしていますか?子供の頃は、何かと体を動かす機会が多かったので、ほとんどの人が運動をしていたと思います。言い換えると、意識して運...

効果的な方法A

あなたは、ウエイトトレーニングを行う理由は何だと思いますか?トレーニングをせずに筋肉が衰えるとどうなるでしょうか。やはり転んだ時などに怪我をしやすくなると思うので、...

効果的な方法B

前回に引き続き、効果的な方法についてのご紹介です。「押す」「引く」「上げる」「巻く」「伸ばす」の全てを組み込んだ運動をウエイトトレーニングと言います。よって、ウエイ...

効果的な方法C

前回に引き続き、ウエイトトレーニングの効果的な方法についてのご紹介です。ウエイトトレーニングは、オールアウトが大切だと言われていますが、この「オールアウト」とは何かご存知で...