ウエイトトレーニングNAVI - 器具の使い方から食事管理までTOP > 基礎知識 > 原則についてB

原則についてB

 

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介になります。

 

あなたは、「超回復」という言葉があるんですが、ご存知ですか?

筋肉は、通常では受けないような強い負荷がかかると、筋肉を形成している筋線維の一部が損傷しますが、これが疲労状態という事になります。

 

この時、一旦筋力が低下します。

 

その後、36時間〜72時間でほとんど元の筋力まで回復し、同様の負荷を与えられるかもしれないという事態に備えます。

 

それによって筋肉が育ちます。

 

これを簡単にまとめると、筋線維をより成長させようとする現象が、「超回復」と呼ばれているものになります。

 

そして、それはウエイトトレーニングとも深い関係があるようですね。

 

48時間〜96時間が超回復期間なので、この間においては負荷を受ける前より筋量も増えています。

 

という事は、筋力がアップしているという事ですね。

 

その後、負荷を与えないと筋肉は元に戻ってしまいますが…。

 

※超回復期間中に再び過負荷をかけることで、筋力や筋量がアップします。

 

よって、この時間帯を狙って筋肉に負荷をかけるようにします。

 

そうすると効果的に筋肉を育てることができますよ。

 

しかし、その反対に超回復を待たずに疲労状態のまま過負荷を与えると、筋量、筋力ともにアップすることは難しくなります。

 

そればかりか、最悪の場合は怪我をしてしまうことがあるので注意しましょう。

 

筋肉の超回復の原理を知らずに、ただ単にウエイトトレーニングを続けても無駄になってしまいますよ。

 

それどころか、怪我の可能性が高くなってしまうので、その辺をしっかりと注意しながら行ないましょう。

 

よって、この知識はウエイトトレーニングする以前に覚えておいた方が良い事ですね。

 

このように、ウエイトトレーニングには上で挙げたように、筋力をアップさせる基本理論があります。

 

それらを守ってトレーニングを行うようにして下さいね。

 

これは正しく効果的に筋力アップさせる事にも繋がるので頑張っていきましょう。

 

素人は、ただ量や回数をこなせば筋肉が育つと思っていますが、それは違いますよ。

 

気をつけたいものですね。

 

基礎知識記事一覧

ウエイトトレーニングとは?@

一昔前の日本では、スポーツ選手が「筋肉だけを鍛える」といったトレーニングをしない傾向にあったようです。ご存知ですか?例えば、野球をする人について言うと、ウエイトトレ...

ウエイトトレーニングとは?A

前回の続きですが、スポーツ選手はそれぞれの競技に最適なトレーニングメニューをトレーナーに作ってもらいます。その方が、間違ったトレーニングをすることなく体を痛めることもないの...

原則について@

ウエイトトレーニングは、ただ重いものを持って筋肉に負荷をかけるトレーニングではないですよ。ご存知ですか?いくつかの原則のもとで行う必要があります。闇雲に重い...

原則についてA

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介です。次にご紹介するのは、「意識性の原則」についてです。トレーニングの効果を高めるには、意識が必要だと言われていますよ...

原則についてB

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介になります。あなたは、「超回復」という言葉があるんですが、ご存知ですか?筋肉は、通常では受けないような強い負荷がかかる...

原則についてC

前回に引き続き、こちらではウエイトトレーニングの原則についてのご紹介です。小さい筋肉であればあるほど超回復までの時間が短いと言いますが、ご存知ですか?筋トレの中でも...