ウエイトトレーニングNAVI - 器具の使い方から食事管理までTOP > 基礎知識 > 原則について@

原則について@

 

ウエイトトレーニングは、ただ重いものを持って筋肉に負荷をかけるトレーニングではないですよ。

 

ご存知ですか?

いくつかの原則のもとで行う必要があります。

 

闇雲に重い物を持ち上げれば良いのかと言うと、そうでもないんですね。

 

より効果的に筋肉をつける為には、以下のような原則を知っておくことがポイントになるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まずは、「漸進性過負荷の原則」についてです。

 

これは筋量を増大させたりするものです。

 

また、筋力などを発達させたりしたい場合には、一定期間ごとに扱っている重さを漸増させることが必要があるという原則です。

 

例えば、ウエイトトレーニングの場合、現在20kgのダンベルを使っている人がいるとします。

 

この人が更に22キロのダンベルで行った場合、どうなると思いますか?

 

当然、筋肉はその重さに対応するようになっていきます。

 

20キロを持ちながらトレーニングしていた頃は10回しか上がらなかったものが、重さを増やしてトレーニングしたことで、その結果10回以上上がるようになるという事です。

 

続いて、「継続性の原則」についてです。

 

トレーニング、エクササイズ、運動など何にしてもそうですが、これらは続けて行わなければ何も意味がありませんよね。

 

言い換えると、たまにとか気が向いた時だけ行っても体は作れません。

 

継続しないと効果がないという事ですね。

 

ウエイトトレーニングをいくらやっていても、それを途中でやめてしまったら筋肉は次第に衰えていきます。

 

ちなみに、落ちるスピードについては、筋肉がトレーニングで付いてくるスピードと同じくらいだと言われています。

 

ただし、スポーツ選手などが長年継続してウエイトトレーニングをしていた場合、そして長い期間続けていた場合にはこの限りではありません。

 

基礎知識記事一覧

ウエイトトレーニングとは?@

一昔前の日本では、スポーツ選手が「筋肉だけを鍛える」といったトレーニングをしない傾向にあったようです。ご存知ですか?例えば、野球をする人について言うと、ウエイトトレ...

ウエイトトレーニングとは?A

前回の続きですが、スポーツ選手はそれぞれの競技に最適なトレーニングメニューをトレーナーに作ってもらいます。その方が、間違ったトレーニングをすることなく体を痛めることもないの...

原則について@

ウエイトトレーニングは、ただ重いものを持って筋肉に負荷をかけるトレーニングではないですよ。ご存知ですか?いくつかの原則のもとで行う必要があります。闇雲に重い...

原則についてA

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介です。次にご紹介するのは、「意識性の原則」についてです。トレーニングの効果を高めるには、意識が必要だと言われていますよ...

原則についてB

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介になります。あなたは、「超回復」という言葉があるんですが、ご存知ですか?筋肉は、通常では受けないような強い負荷がかかる...

原則についてC

前回に引き続き、こちらではウエイトトレーニングの原則についてのご紹介です。小さい筋肉であればあるほど超回復までの時間が短いと言いますが、ご存知ですか?筋トレの中でも...