ウエイトトレーニングNAVI - 器具の使い方から食事管理までTOP > 基礎知識 > ウエイトトレーニングとは?@

ウエイトトレーニングとは?@

 

一昔前の日本では、スポーツ選手が「筋肉だけを鍛える」といったトレーニングをしない傾向にあったようです。

 

ご存知ですか?

例えば、野球をする人について言うと、ウエイトトレーニングなどで筋肉を鍛えることはしませんでした。

 

野球をすることで必要な筋肉を鍛えるといった感じで、それが望ましいとされていたんです。

 

あなたも知っているかしれませんが、マリナーズのイチロー選手について、彼は色々なトレーニングマシンを使っているそうですよ。

 

私も一度テレビで見たことがありますが、自分オリジナルのマシーンだそうで凄いですよね。

 

しかし、彼の場合は筋肉を増量させることを目的にはしていないようです。

 

イチローさんの場合は、マシンを使ってのトレーニングとしては、筋肉の柔軟性をアップさせるために使っているんだそうですよ。

 

何故なら、イチロー選手は筋肉を太らせるだけでは、神経の行き渡らない筋肉ばかりが増大するという考えで、それでは意味がないですから過度に鍛えないという事だそうです。

 

それから次に、日本の国技である大相撲がありますね。

 

それについても、昔はウエイトトレーニングにおいては否定的だと言われていました。

 

ですが、ウエイトトレーニング器具などを使った稽古を取り入れた力士が大関になったりして実績を上げたそうです。

 

そんな事から、相撲界におけるウエイトトレーニングについての考え方が、少しずつですが変わっていったようですね。

 

そして、現在の日本では積極的に、スポーツ選手がウエイトトレーニングを行うようになっていったというわけです。

 

と言っても、スポーツ選手は自分で勝手にトレーニングを行うのではダメですね。

 

やはりスポーツドクターを付けたり、アスレティックトレーナーを付けたりもしています。

 

簡単に言うと、スポーツ医学を熟知したトレーナーに付いてもらうことが大切という事です。

 

これは、より効果的なトレーニングをする為に大切な事なんですよ。

 

基礎知識記事一覧

ウエイトトレーニングとは?@

一昔前の日本では、スポーツ選手が「筋肉だけを鍛える」といったトレーニングをしない傾向にあったようです。ご存知ですか?例えば、野球をする人について言うと、ウエイトトレ...

ウエイトトレーニングとは?A

前回の続きですが、スポーツ選手はそれぞれの競技に最適なトレーニングメニューをトレーナーに作ってもらいます。その方が、間違ったトレーニングをすることなく体を痛めることもないの...

原則について@

ウエイトトレーニングは、ただ重いものを持って筋肉に負荷をかけるトレーニングではないですよ。ご存知ですか?いくつかの原則のもとで行う必要があります。闇雲に重い...

原則についてA

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介です。次にご紹介するのは、「意識性の原則」についてです。トレーニングの効果を高めるには、意識が必要だと言われていますよ...

原則についてB

前回に引き続き、こちらでも原則についてのご紹介になります。あなたは、「超回復」という言葉があるんですが、ご存知ですか?筋肉は、通常では受けないような強い負荷がかかる...

原則についてC

前回に引き続き、こちらではウエイトトレーニングの原則についてのご紹介です。小さい筋肉であればあるほど超回復までの時間が短いと言いますが、ご存知ですか?筋トレの中でも...